« 政治家の世襲は国民が望むことかもしれない | Main | 秋田県を旅行してます。 »

September 25, 2009

CSIを身近に感じた顛末

お恥ずかしい話ですが、自分の実験データをまとめた結果を公的な場に出して初めて間違いを指摘されました。
実験結果というのはDNA配列で、公的な場というのは日本DNAデータバンク(DDBJ)です。
その旨のメールを読んだ時にはビックリし、データを見直して二度ビックリし、そして恥ずかしくなりました。
薄々気づいていたんですよね・・・もうちょっと考えていればこんな恥ずかしい思いはしなかったのに。

その私の見落としはさておき、今日はなぜDDBJが気づいたかを書きたいのです。
DDBJの正式名が日本DNAデータバンクと言うようにDNAデータをたっぷり貯めていますから、検索をかければ類似性なんてすぐに見つかります。
私みたいにちまちまと研究を進めてじっくり考えているつもりでも、検索でできる解析は一発で終了です。
やっぱり巨大プロジェクトにはかなわないなあと思ったものの、私の研究なんて誰もやりたがらないから意味はあります。
それにしてもDDBJにとってはおそらくルーチンワークだろうけど一瞬で解析終了なんて、海外テレビドラマのCSIで指紋やDNAで犯人を見つけるのと似てます。
私は犯罪捜査の方はわからないけどDDBJの方はわかるので、CSIが妙に身近に思えてきました。
データベースに埋もれている私の指紋がいつの日か犯罪捜査に引っかかるかもしれません。
情報学って侮れないです。

今日はもうひとつ。
私が乗り物大好きで、世間一般には”鉄子”で通じますが、普段はJR東海によく乗っていてマイレージがあればいいのにと思っているくらいです。
そのJR東海っこの私がJR東日本や西日本など他のJR各社に乗ると目を白黒させてしまいます。
なぜってJRルール以外にローカルルールがいっぱいあるからです。
車両などにも目を奪われますが、お得なきっぷがうじゃうじゃあるし全席禁煙とか全席指定席とか目を白黒させてます。
加えて、JR東日本は同じ場所を走っているのに経路や停車駅が違うと線名が違うことがありますからこれほど面白いものはありません。
ええ、今、旅行中です。
今日は着くだけだからパスですけど、明日から詳しく書けるでしょう。

-----------------
sent from W-ZERO3

|

« 政治家の世襲は国民が望むことかもしれない | Main | 秋田県を旅行してます。 »